これにパスすれば審査に通る!カードローン審査のチェックポイント!

カードローンに申し込むとき、やはり気になるのは審査に通るかどうかということ。カードローンの審査ではさまざまな部分がチェックの対象になります。その内容を事前に知っておけば、審査の結果をある程度予測することもできるようになります。

カードローンの審査で主に調べられるのは

  • 返済能力
  • 過去のローン、キャッシングの利用歴
  • 総量規制に適合しているか

の3点です。

返済能力とは、どれだけ毎月返済を行えるか、という能力のこと。収入や支出、生活環境などが総合的に判断されます。どれだけの金額を融資可能か、ということもこの返済能力に応じて決定されます。カードローン審査の中でもっとも重要な部分といえるでしょう。

過去のローン、キャッシングの利用歴も審査の重要ポイントです。このデータから、申し込みをした人がきちんと返済を行ってくれる人かどうかを判断できるからです。過去の延滞など返済トラブルを起こしたことがあると審査に悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。

上の2点と少し異なる基準で判断されるのが総量規制への適合性です。総量規制は国が定めた貸し出し上限のこと。これを超える金額を消費者金融や信販会社は融資することができません。国の基準に適合しているかどうか調べることもカードローン審査では行われるのです。

返済能力ってどう判断されるの?

カードローン審査の中心部分となるのが返済能力のチェックです。審査に通るかどうか、そしていくら融資できるか、については、この返済能力が決め手となります。返済能力が高いと判断されれば、審査に通ることもできますし、認められる限度額も大きなものになります。

こうした重要な返済能力の審査ですが、現在この部分は、ほぼコンピューターによる自動審査で行われています。データを入力すれば瞬時に審査結果が回答されるので、すぐに審査結果を知ることができるのです。

最近のカードローンはスピーディーな審査や即日融資可能、といった点をアピールしていますが、それはこのコンピューターによる自動審査のおかげです。

インターネット申し込みや自動契約機での申し込みをすると審査が早く進むと言われているのも、スタッフがデータをコンピューターに再入力する手間が省けるからなのです。

このコンピューターの自動審査で使われているのが、属性スコアリングのシステムです。

カードローン利用者の収入や職業、家族構成などの項目はひとまとめにして「属性」と呼ばれています。これらの属性を自動で審査して、返済能力を瞬時に判断しているのが属性スコアリングシステムです。

コンピューターによる自動審査が可能になったのも、このシステムが開発され、改良を加えられ続けてきたからなのです。