これにパスすれば審査に通る!カードローン審査のチェックポイント!

カードローンに申し込むとき、やはり気になるのは審査に通るかどうかということ。カードローンの審査ではさまざまな部分がチェックの対象になります。その内容を事前に知っておけば、審査の結果をある程度予測することもできるようになります。

カードローンの審査で主に調べられるのは

  • 返済能力
  • 過去のローン、キャッシングの利用歴
  • 総量規制に適合しているか

の3点です。

返済能力とは、どれだけ毎月返済を行えるか、という能力のこと。収入や支出、生活環境などが総合的に判断されます。どれだけの金額を融資可能か、ということもこの返済能力に応じて決定されます。カードローン審査の中でもっとも重要な部分といえるでしょう。

過去のローン、キャッシングの利用歴も審査の重要ポイントです。このデータから、申し込みをした人がきちんと返済を行ってくれる人かどうかを判断できるからです。過去の延滞など返済トラブルを起こしたことがあると審査に悪い影響を及ぼしてしまうことがあります。

上の2点と少し異なる基準で判断されるのが総量規制への適合性です。総量規制は国が定めた貸し出し上限のこと。これを超える金額を消費者金融や信販会社は融資することができません。国の基準に適合しているかどうか調べることもカードローン審査では行われるのです。

返済能力ってどう判断されるの?

カードローン審査の中心部分となるのが返済能力のチェックです。審査に通るかどうか、そしていくら融資できるか、については、この返済能力が決め手となります。返済能力が高いと判断されれば、審査に通ることもできますし、認められる限度額も大きなものになります。

こうした重要な返済能力の審査ですが、現在この部分は、ほぼコンピューターによる自動審査で行われています。データを入力すれば瞬時に審査結果が回答されるので、すぐに審査結果を知ることができるのです。最近のカードローンはスピーディーな審査や即日融資可能、といった点をアピールしていますが、それはこのコンピューターによる自動審査のおかげです。インターネット申し込みや自動契約機での申し込みをすると審査が早く進むと言われているのも、スタッフがデータをコンピューターに再入力する手間が省けるからなのです。

このコンピューターの自動審査で使われているのが、属性スコアリングのシステムです。カードローン利用者の収入や職業、家族構成などの項目はひとまとめにして「属性」と呼ばれています。これらの属性を自動で審査して、返済能力を瞬時に判断しているのが属性スコアリングシステムです。コンピューターによる自動審査が可能になったのも、このシステムが開発され、改良を加えられ続けてきたからなのです。

属性スコアリングとは?

申し込みをした人の返済能力を瞬時に判断する属性スコアリング。その仕組みはとても簡単です。スコアリングとはスコア付け、つまり点数付けのこと。収入や職業ごとに点数をつけ、その合計点で審査結果を判断するのです。収入が高ければ点数は高く、低ければ点数も低くなります。

属性のスコアをすべて合計して、その点数が一定のラインを上回れば審査に通るというわけです。以前のキャッシング審査は、人の手によって行われていました。

もちろん判断基準は用意されていましたが、担当する人によって判断が左右されることもあるうえに、時間と手間がかかりすぎていました。そこで返済能力の審査にコンピューターを導入するため、この属性スコアリングシステムが考案されたのです。

ただ、点数付けをするといってもなんとなく点数を設定しているわけではありません。そんなことをすれば適切な返済能力の評価ができず、貸し倒れが連発してしまうからです。属性スコアリングのシステムを支えているのが過去の融資データです。

どういった人は返済が安定している、こういった人は返済が滞りやすい、などの統計データをもとに点数付けが行われ、そして現在も改良が行われ続けています。

コンピューターの進化により、こうした膨大な過去のデータを分析できるようになったことも属性スコアリングが可能になった一因なのです。

属性って具体的にはどうスコア付けされてるの?

では、肝心の属性の中身はどう判断されているのでしょうか。属性の主な内容は、年齢、職業、年収、毎月の支出、住居に関すること、家族構成などです。

このうち、特に重視されるのは職業、年収です。いくら収入があるか、収入がどれだけ安定しているかをはかるには職業や年収をチェックするのが一番だからです。年収が高ければ、属性のスコアも高くなります。職業も大企業の社員や公務員の場合、安定性が高いとして高スコアになります。勤め先への勤続年数が重視される場合もあります。

収入と同じくらい重点を置かれるのが支出です。返済能力は、収入から支出を引いた金額になるからです。なかでも重要視されるのが住宅ローンや家賃の支払い。これらは切り詰めることができない支出なので、審査にも大きな影響を与えるのです。

この支出に関連する属性が家族構成です。独身か既婚か、配偶者に収入があるか、子どもがいるか、などにより、スコアは変化します。基本的に支出が増える(専業主婦や子どもあり)場合はスコアは低くなる傾向にあります。反対に親と同居している場合は、返済の支援が期待できるので高スコアです。

同様に支出に関係するのが持ち家か、賃貸か、という居住形態です。ただ、持ち家であっても住宅ローンが残っている場合があるため、賃貸と持ち家で評価が分かれることは最近はないようです。毎月どれだけの支払いが必要か、という部分のほうでチェックされるようになっています。

過去のローン、キャッシングの利用歴ってどう判断される?

返済能力の判定と並んで、カードローン審査のもうひとつの柱になるのが過去のキャッシング、ローンの利用歴です。こちらは返済への態度の判断が行われます。いわば申し込みをしてきた人が信頼できるかどうかをチェックする部分です。

この利用歴の調査に使われるのが信用情報機関と呼ばれるデータ会社、または団体です。消費者金融や信販会社、銀行などは各業界ごとに信用情報機関を持っており、みなそこに加盟しています。キャッシングやローン利用者のデータは逐一そこに送られており、加盟会社は審査の際にそのデータを調べることが可能なのです。そのため、申込先のカードローン会社だけでなく、他社における過去の利用歴もすべて簡単に調べることができます。過去に他社で起こした延滞などのトラブルも簡単にバレてしまうのです。

このトラブルとは、主に延滞や契約解除、そして債務整理のことです。延滞は返済が遅れること。それが長引くとカードローンの契約自体を解除され残金を一括返済するよう求められます。債務整理とは自己破産のように借りたお金の返済を免れたり、任意整理のように借金を減額する手続きを行うことです。こうしたトラブルが過去にあると、たとえそれが申込先とは異なる他の会社との問題であっても、審査では不利な扱いを受けることがあります。

過去の延滞や債務整理はどんな扱いになる?

信用情報でチェックされるのは、延滞や契約解除、代位弁済や債務整理といったトラブルです。信用情報に登録されたこれらのトラブルは、一定期間が経過するまで消去されません。審査の際のチェックでこれらの記録が発覚すると、多くの場合で審査落ちにされてしまいます。

このうち、延滞は短期の延滞と長期延滞に分かれます。問題になるのは長期延滞のほうで、おおよそ2ヶ月以上、返済が遅れると長期延滞として信用情報に登録されてしまいます。情報が保存される期間は情報が登録される信用情報機関によって異なり、延滞解消から1年~完済から5年と幅広いです。この期間中はカードローンの審査に非常に通りにくくなります。

契約解除や代位弁済は、延滞の解消が見込めない場合に行われます。代位弁済とは銀行カードローン利用時に行われる保証会社による銀行への代行支払いです。銀行はカードローンに保証を付けており、返済が滞ったときには保証会社が利用者に代わって支払いをする仕組みになっています。この支払いが代位弁済です。契約解除、代位弁済ともに保存期間は発生から5年間です。この期間はやはり審査に通りにくくなります。

過去に債務整理を行った場合も、審査にかなり通りにくくなります。最初に約束した条件での返済を行わなかったとみなされてしまうからです。債務整理についての情報の保存期間はだいたい発生から5年、自己破産や個人再生の場合だけ一部で10年となっています。

社内ブラックで審査落ち?

以上が信用情報によるチェックですが、それ以外にもキャッシングやローンの利用歴によって審査落ちになってしまうケースがあります。それが社内ブラックです。

社内ブラックが問題となるのは、信用情報機関に保存された記録が消去されたあとです。一定期間が経過したのでトラブルの記録が消え、審査に通るようにはなっているはず。しかし、それでも審査落ちになってしまうことがあります。そのときに可能性があるのが社内ブラックです。

社内ブラックとは、社内に残された記録によって審査落ちになってしまう現象です。信用情報は重大な個人情報でありながら社外に持ちだされて使用されることから、保存期間が決められ消去されるようになっています。しかし、外部に持ちだされない社内データはいくら保存しようがその会社の自由です。基本的に過去の利用者のデータは消去されることがないため、昔にトラブルを起こしたカードローン会社に再び申し込んだケースなどでは、信用情報が消えたあとでも審査落ちになってしまうことがあるのです。

さらにここで注意したいのは、社内ブラックが社内のみに留まらない場合です。いまや消費者金融が銀行の子会社になっていることも珍しくなく、どのカードローンも金融グループの一員として活動しているところが多くなっています。この場合、親会社と子会社の間では社内データが共有されているため、過去にトラブルがあった会社と同じグループ内のカードローンに申し込んだ場合にも社内ブラックによる審査落ちが起こりうるのです。

申し込みブラックについて

過去の延滞など一度も金融トラブルを起こしたことがないのに、それでも審査落ちになってしまうケースが存在します。それが申し込みブラックです。

申し込みブラックとは、簡単にいえば申し込みすぎによる審査落ちです。カードローンの審査に通るかどうかはわからないので、どれかに通ればいいやと複数のカードローンに同時に申し込む方がおられます。申し込みを受けたカードローンの会社からすると、他社にも同時に申し込んでいる人は、かなりお金に困っているように見えてしまうのです。そんな人にお金を貸すのはとてもリスクが高いです。念の為に今回は審査見送り、という結果になってしまうこともあるのです。

「なぜ他社への申し込みがバレてしまうの?」と思われる方もおられるかもしれません。実は信用情報には申し込みをしたことがわかってしまう項目があるのです。参照情報といってどの会社が審査で信用情報を調べたかが半年間保存されます。短い期間のうちにいくつも参照情報が残っている場合、この人は多重申し込みをしている人だな、ということが簡単にわかってしまいます。これが申し込みブラックなのです。

ちなみに参照情報のあとに契約情報がなければ、審査落ちになったこともわかってしまいます。他社で審査落ちになるにはやはり理由があるはず、と疑いが生じるのが自然な流れでしょう。こうして審査でどんどん不利になってしまうので、多重申し込みは避けたほうがよいのです。

総量規制に沿った申し込みかどうかのチェック

ここまではカードローン会社の判断による審査でしたが、総量規制に沿った融資かどうかのチェックは、法律の基準によって行われます。総量規制のルールは、年収の3分の1までしかお金を借りることはできない、というもの。1社ではなく、消費者金融カードローンや信販会社のキャッシング枠を全社合わせた合計の借り入れ金額が年収の3分の1を超えてはいけないというルールです。A社から年収の3分の1の金額を借りて、B社からも・・・というような借り方はできないので注意しましょう。

もし、今回の申し込みで現在の借り入れ残高と希望融資額の合計が総量規制の上限を超えてしまう、という場合、年収の3分の1におさまるように限度額を縮小されて契約することになります。カードローンの審査で100万円までの融資が可能という判定が出ていても、総量規制の上限まで残り50万円ならば、認められる限度額は50万円になってしまうのです。なお、とっくに上限に達している場合は、当然ですが審査は否決となります。もう融資できる枠が残っていないからです。

この総量規制のチェックは、申し込みをするときの収入証明、および信用情報による他社借入の調査で行われます。これらの情報を照らしあわせて、総量規制の上限内の融資になるかどうかを確認し、ごまかしができないようになっています

まとめ カードローンの審査に通過するには

ここまでの情報をまとめると、カードローンの審査に通過するには、

  • 属性スコアリングで一定以上のスコアがある
  • 過去の一定期間内に金融トラブルがない
  • 総量規制の上限にかかっていない

の3点の条件を満たしている必要がある、ということになります。

条件として並べると大変そうに見えますが、実際にはそれほど難しいことではありません。まず、属性スコアリングについてですが、安定した継続収入があれば、たいてい審査に通るスコアのラインは通過できるからです。近年のカードローンは広く契約し、融資限度額を広げたり狭めたりしてリスクを管理するという方向性です。一定以上のスコアをとれないということはそれほど多くないのです。

過去の金融トラブルに関しては、もしそれがあったのならどうすることもできないため、信用情報が消去されたかどうかきちんと見極める、社内ブラックに注意してそれを避けて申し込む、といった工夫をすることになるでしょう。もちろん申し込みブラックはNGです。

総量規制に関しても融資を受けられる金額は決まっています。総量規制の枠が埋まっている場合は、年収を上げて上限を上げるか、使用していないカードローンのカードを解約して枠を空けるしかないでしょう。総量規制がかからない銀行カードローンを検討してみるのも良いかもしれません。

カードローンの審査でチェックされるポイントは、おおよそでこんな感じです。申し込む前に自分でもチェックを行っておけば、審査に通るかどうかの見通しは立ちやすくなるのではないでしょうか。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.