「金利」を知って返済効率をアップさせる

キャッシングやカードローンを利用する上で、『金利』は切っても切れないものであると共に返済負担にも大きな影響を及ぼす要素です。
その為、金利についてどの程度の知識を持っているかによって、様々な影響があります。出来る限り知識を増やしておくことが、効果的にキャッシングを利用するうえではとても大切です。

そもそも、金利は通常『年利』と呼ばれるものですが、表面上の数値の意味には大きく2種類が存在しています。それは【実質年率】と【アドオン利率】と言うものです。現在ではアドオン利率のみの表示をしないようにという通達がある為、主に実質年率による表示が多いのですが、中にはアドオン利率のみで表示をしてくる業者も存在しています。その為、契約を交わす前に表示されている金利がどちらの意味によるものなのかを確認しておくことが必要です。

それぞれの意味としては、その取引(借入れ)において支払う必要がある費用の割合(年間)を表しているのですが、最も大きな違いは「含まれる費用の種類」です。キャッシングやカードローンを利用する為には、利息の他にも様々な費用が必要となります。

それらの諸経費を含めた割合かどうかが違いとなり、実質年率の場合は全ての諸費用の合計がその割合になると言う意味に対し、アドオン利率の場合は利息のみでその割合になるという意味になります。

つまり、仮に表示上の金利が同じであれば「アドオン利率の方が実際に支払う費用は多くなる」という事です。
これだけでも返済の負担は変わってきますので注意してください。

土日祝日でもキャッシングを利用することができます

キャッシングをしてお金を借りるためには銀行や消費者金融などの金融機関を利用することになります。
しかし銀行や消費者金融などの金融機関の営業している日は平日の朝から夕方までなので、この時間しかキャッシングを利用することができないと考えている人も少なくありません。

しかし現在においては銀行や消費者金融などの金融機関が営業していない土日祝日でもキャッシングを利用することができます。
そのため銀行や消費者金融などの金融機関が営業している平日の昼間の時間は仕事をしているためキャッシングの申込をすることができないという人でも安心して利用することができます。

お金借りるならどこがいい?銀行や消費者金融などの金融機関が営業をしていない土日祝日でもキャッシングを利用することができるのかというと現在においてはインターネットを利用して申込の手続をすることができるからです。

多くの人は何か手続をするにおいてインターネットを利用することが多くなっているため、キャッシングの申込もインターネットを利用して手続をすることが可能になっています。

そのため土日祝日にインターネットを利用すれば、キャッシングを利用することができるので、これから利用者がどんどん増えていくことが予想されます。