総量規制

総量規制に沿った申し込みかどうかのチェック

ここまではカードローン会社の判断による審査でしたが、総量規制に沿った融資かどうかのチェックは、法律の基準によって行われます。総量規制のルールは、年収の3分の1までしかお金を借りることはできない、というもの。

1社ではなく、消費者金融カードローンや信販会社のキャッシング枠を全社合わせた合計の借り入れ金額が年収の3分の1を超えてはいけないというルールです。A社から年収の3分の1の金額を借りて、B社からも・・・というような借り方はできないので注意しましょう。

もし、今回の申し込みで現在の借り入れ残高と希望融資額の合計が総量規制の上限を超えてしまう、という場合、年収の3分の1におさまるように限度額を縮小されて契約することになります。

カードローンの審査で100万円までの融資が可能という判定が出ていても、総量規制の上限まで残り50万円ならば、認められる限度額は50万円になってしまうのです。なお、とっくに上限に達している場合は、当然ですが審査は否決となります。

もう融資できる枠が残っていないからです。

この総量規制のチェックは、申し込みをするときの収入証明、および信用情報による他社借入の調査で行われます。

これらの情報を照らしあわせて、総量規制の上限内の融資になるかどうかを確認し、ごまかしができないようになっています